転職・求人

訪問介護師に必要な経験や年数

訪問介護師に必要な経験や年数は特別ありません。 新米の訪問介護師はサービス提供責任者やベテランの訪問介護師と一緒に利用者の自宅へ訪問します。最初は簡単な生活援助から行っていくので、いきなり身体介護を詳細を見る>>

訪問介護師に必要な心構え

訪問介護師に必要な心構えとして、最も重要なのは守秘義務を守ることです。これは介護をするにあたって常識の範囲になってしまいますが、訪問介護サービスを提供する上で、知り得た契約者及び、その家族等に関する事詳細を見る>>

訪問介護師の求人状況

現在、高齢者社会が進む一方、自分が住んでいる家で過ごしたいという希望を出している高齢者が目立ってきています。しかし家のことを1人でできず、困っている人もいます。 そのため訪問介護師が必要となってきて詳細を見る>>

訪問介護師の給料

訪問介護師の給料は常勤・非常勤の平均賃金は月給13万5000円ほどです。この金額は非常勤ヘルパーの場合ではこの金額に達することはできません。平均月給に達するには時給を1130円とすると、1ヶ月に約12詳細を見る>>

訪問介護師が行う仕事内容

訪問介護師の提供サービスには、内容によって「身体介護」と「生活援助」があります。 身体介護とは利用者の身体に触れることがある介護のことを示します。食事を食べさせたり、食べるのを見守る食事介助や自宅の詳細を見る>>

訪問介護師の仕事

訪問介護師は「ホームヘルパー」ともいわれています。高齢者など、訪問介護を希望している利用者の自宅を訪問して生活を支援する仕事です。利用者の自宅を訪れて1対1で介護する訪問介護師の仕事の良さは、1人の利詳細を見る>>

訪問介護師が抱えている悩み

元気な姿で利用者の自宅に訪問し、訪問介護をしてくれる訪問介護師でも抱えている悩みがあります。 まず始めに体力的にきついことが多く挙げられています。生活援助ならまだしも、身体介護になってくるとボデ詳細を見る>>

訪問介護師となるための研修内容とは

訪問介護師になるためには最低でも「介護職員初任者研修」が必要となってきます。この研修は訪問介護事業に従事しようとする人や在宅、施設を問わず介護の業務に従事しようとする人が対象となります。 昔ホームヘ詳細を見る>>

訪問介護師は男性と女性どちらが多い

最近では介護の仕事につく男性も目立ってきています。その理由として不景気のため就職難となっているため介護の仕事につくという男性もいます。 しかし訪問介護師の仕事といえば女性の仕事という印象が強いです。詳細を見る>>

訪問介護師だから得られるやりがい

訪問介護師は辛いという印象を持っているかもしれませんが、訪問介護師だから得られるやりがいもあります。 訪問介護師は利用者の自宅に直接訪問し、1対1で接するため、利用者から直接感謝の言葉や笑顔をもらう詳細を見る>>