地域に根差した薬局を目指して


1

地域医療を担う薬剤師の役割

 高齢化が進み複数の病院・クリニックを受診している患者様が増える中、地域医療において薬剤師の果たすべき役割はますます重要になってきています。
 ただ単にお薬をお渡しするだけではなく、正しくお薬が飲めているか、副作用が出ていないか、体調変化が起きていないかを確認し、患者様が充実した毎日を過ごせるようにサポートをしていくことが今後の薬剤師には必要です。
 スギ薬局では、病院・クリニックからの院外処方せんを受け付けるだけではなく、医師の指示のもと患者様が療養されているご自宅や高齢者施設へ訪問し、安全にお薬を飲んでいただけるようにサポートする在宅医療にも力を入れて取り組んでおります。

2

お薬の管理をより簡単に

 スギ薬局では、お薬の種類がたくさんあり、お薬の管理が難しいと感じている方に対し、「お薬カレンダー」を利用したお薬管理を提案しています。服用するタイミングごとにひとまとめ(一包化)にし、お薬カレンダーの〈朝食後〉〈昼食後〉〈夕食後〉〈寝る前〉のポケットにセットするため、飲み間違いもなくなり、さらに飲み忘れの有無も一目で判断することができます。お薬カレンダーはお薬管理の一つの例であり、ご家族、介護者のご相談に応じて、なるべく患者様の自立性を損なわないよう、最善の方法を一緒に考えさせていただきます。

3

4

5

専門性を活かした活動

 ご自宅で療養される方の中には高カロリー輸液等、点滴が必要なケースもあります。
 食事で栄養を摂ることができない場合、静脈から点滴により栄養を取り入れます。用いる輸液に、さらに薬剤を混合する場合には、無菌条件下で行う必要があります。

 スギ薬局は高屋店を始め三九店舗に無菌調剤を実施できる設備(クリーンルーム)を備えておりますので、患者様の症状にあわせた医療のサポートが可能です。
 患者様が退院される際には、医師・看護師・薬剤師・地域連携室スタッフなどと退院後の生活を支える多職種による連携が必要になり、薬剤師はその中で、ご自宅で使用するチューブや針などの器材の確認や提案を行い、患者様がご自宅でも不安なく、過ごしていただけるようにサポートしております。
 その他にもドラッグストアという形態を活かして、近隣医療機関でがん療養中の女性向けイベントとして、美容アドバイザーによるメイクアップ相談会を実施しております。

地域の「顔」を目指して

 店舗には薬剤師以外にも登録販売者、美容アドバイザー、管理栄養士、医療事務などの専門スタッフが在籍しており、それぞれのライフステージに合ったヘルスケア、ビューティケアをトータルにサポートしております。

6

専門家にいつでも相談できる体制
 日頃より気になっていることを気軽に相談頂ければ、専門知識に基づいたアドバイスをさせていただきます。

 お買い物のついでに店頭の従業員に一声おかけください。

7

«前の記事 介護・健康コラム 次の記事»