地域においてグループホームの整備を進める理由


各地域でグループホームの整備が進められています。その理由として

①地域生活移行
②住み慣れた地域で暮らす
③家族からの自立

が主にあげられます。

 

①地域生活移行

施設入所者、精神科病院入院患者

―地域で暮らすことが難しい方(専門的な支援が随時必要な方等)

―地域で暮らすことが可能な方(比較的障害の程度が軽い方)⇒退所、退院して地域で生活(地域生活移行)

 

②住み慣れた地域で暮らす

遠く離れた施設への入所ではなく、障害者の生活を地域で支えるためには…⇒地域に受け皿が必要

 

③家族からの自立

将来的には一人暮らしをしたいがまだ自信がない…⇒グループホームを利用し、世話人、生活支援員の補助を受けながら自立の準備

 

グループホームでの生活

■          ・平日                ・土日・祝日
朝        起床、朝食、送り出し    起床、朝食
昼        作業所など          余暇支援等
夕方~夜     夕食、入浴、就寝      夕食、入浴、就寝

 

利用者の就労・日中活動場所

就労継続B型を利用される方が3割以上(複数回答有)


出典:一般社団法人日本グループホーム学会調査研究会「グループホーム調査2012」(GHを運営する全国3,985法人(入居者21,582人)を対象に調査)

 

休日の過ごし方

休日をホームで過ごす方が多い ※調査時、直近の1ヶ月間(複数回答有)


出典:一般社団法人日本グループホーム学会調査研究会「グループホーム調査2012」(GHを運営する全国3,985法人(入居者21,582人)を対象に調査)

 

グループホーム利用者数の状況

人口10万人当たりのグループホーム利用者数(H22)
全国平均        56.6人
島根県(全国1位) 122.6人
愛知県(全国46位)  28.5人
出典:第3期障害福祉計画における都道府県の数値目標及びサービス見込量・比較(厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課)

 

WBEワライフ第4期愛知県障害福祉計画

WEBワライフグループホームとは

WEBワライフ既存建物の福祉施設、グループホーム等活用する場合の建築基準法などの基準

WEBワライフ消防法改正に係る消防用設備等の設置について

«前の記事 介護・健康コラム 次の記事»