いつまでも健やかな髪とお肌のために 第1回 抜け毛を防ぐ4つの生活習慣


 アクティブシニア世代に向けた日常に役立つ美容情報をお伝えします。第1回のテーマは「抜け毛を防ぐ4つの生活習慣」です。

 

「最近抜け毛が気になる」と思った事はないでしょうか?

 抜け毛の原因には食生活、ミネラル不足、疾患、環境汚染、遺伝などのさまざまな要因があります。遺伝性の抜け毛は防げませんが、不必要な抜け毛は防げます。

 今回はそんなあなたが気になる抜け毛のしくみと予防のしかたをお話させて頂きます。

 

福祉理美容士が提唱する「抜け毛を防ぐ4つの生活習慣」

 抜け毛が以前より増えた、髪の毛が細く弱くなってきたと感じるあなた、これからお話しする4つの方法を今日から実践してみてください!。続けることで半年後、一年後には大きな「差」がでてくる事と思います。

1.シャンプー前の素洗いを38℃前後のぬるま湯で、濡らすだけでなく頭皮や髪をしっかりゆすぎましょう。

(熱すぎると乾燥の原因になります。)

2.シャンプーはしっかり泡立てて、指の腹で髪ではなく、地肌をしっかり丁寧に洗いましょう。

(爪を立ててゴシゴシすると頭皮を痛ませますし、泡立ちが悪いと髪の摩擦で髪をいためます。)

3.シャンプー、リンスは、流し残しがないようにしっかり流しましょう。

 (シャンプーの成分が地肌に残っているとかぶれ、毛穴のつまり、抜け毛の原因にもなります。)

 

 

4.タオルで頭皮と髪の毛の水分を拭き取り乾かしましょう。

 (濡れたままにしておくと髪自体を痛め、頭皮に雑菌がわきやすくなるので、寝る前までには乾かしましょう!)

※補足:シャンプーの仕方で気をつける点として1日1回の洗髪がベストです。洗う前、髪の毛の長い方はブラッシングをしてくださいね。

 

 

抜け毛のメカニズム

 髪は一定の寿命があり、女性の場合、成長期4~7年(男性は3~5年)、退行期2~3週、休止期が数か月のおよそ4~7年を1サイクルとして、常に生え変わっています。

 髪の成長速度は、個人差はありますが平均1㎝~1.2㎝と言われています。

 髪は一般的に男性よりも女性のが早く伸びると言われているのはご存知でしょうか? これは女性ホルモンが髪の成長に影響しているからなんですよ。

 髪は1つの毛穴から1~3本生えています。1本が生まれたての毛、1本が成長期の毛、そしてもう1本が成長を止めている毛です。成長を止めた髪が抜ける頃には、新しい髪の種がすでに生まれているというサイクルです。

 では、頭にはどれくらいの本数の毛が生えているのでしょうか? なんと普通の人で1㎠に約150本、髪全体の面積はおよそ700㎠なので全体では約10万本になります。

 その中で1日の自然脱毛は50~150本抜けます。特に季節の変わり目の春、秋が多いと言われています。

 ですから洗髪や乾かす時に抜ける数十本ならあまり気にせず安心して下さい。

 

 

 次回は、もう少し具体的に抜け毛を予防する頭皮のマッサージについてお話をさせていただきます。

皆様の笑顔を今以上に!

「福祉理美容士 伊藤ひろし」でした。

お楽しみにしてください!

 

伊藤 ひろし 氏

日本理美容福祉協会認定 福祉理美容士

ヘアケアマイスター資格保有

ビューティーコーディネーター資格保有

 

WEBワライフ「いつまでも健やかな髪とお肌のために 第2回 たった5分!抜け毛予防に4つの入浴後の生活習慣」

«前の記事 介護・健康コラム 次の記事»