いつまでも健やかな髪とお肌のために 第5回 顔や肌だけではない!!これからでも間に合う、“髪の紫外線対策”


 

     夏が終わって気がついたら髪の毛がパサパサ

                  ・・・  なんてことありませんか?!

 

「髪の紫外線対策」していますか?

 お肌のUV対策をされている方は少なくはないと思いますが、髪や頭皮にはどうでしょう?? なかなかしている方のが少ないのが現状ではないでしょうか・・・ 紫外線が強いこの時期に、秋に向けてツヤツヤな美髪を目指して紫外線対策していきましょう!!

 頭皮=肌です。そこに生えているのが髪の毛です。髪には顔の少なくとも2倍以上の紫外線が降り注いでいると言われています。太陽から降り注ぐ紫外線量は一年を通して同じではありません。特に5月~9月頃までが一番紫外線の量が多いと言われています。春、夏は皆さん対策をされてますのが、意外と秋、冬の時期にもダメージを受けています。

 

紫外線が与える髪への悪影響

枝毛、切れ毛

 毛髪は主にタンパク質でできています。タンパク質というのはアミノ酸のシスチン結合により構成されていますが、紫外線を受けることによりこの結合が分解してしまうのです。その結果、毛髪のキューティクルがはがれて内部が乾燥し枝毛、切れ毛などのダメージヘアの原因となります。

退色

 紫外線は毛髪の内部にあるメラニン(毛髪を黒くしている色素)も分解してしまいます。これが毛髪の退色で赤茶っぽく、まさに焼けたような色にしてしまうのです。紫外線が髪、頭皮に与えるダメージは『光老化』というもので老化現象の一つです。

 その対策のためには、日焼けを防ぐケアと、日焼けした後のケアの両方が必要です。髪は爪と一緒で死んでしまっている細胞なので、自己修復する力がありません。だから事前に紫外線を防ぐことが重要なのです。

 

日焼けを防ぐためのケア

 日焼け防止には、日焼け止めを塗るのが一番です。メトキシケイヒ酸オクチルなどは色が白くならない紫外線対策にオススメです。日焼け止めをつける時は、髪の表面だけでなく、頭皮にもつけるようにして下さい。

 最近ではUVカット効果のある洗い流さないトリートメントや髪用のUVスプレー等も多く出回ってきているのでオススメですが、帽子や日傘でなるべく浴びないようにするのが一番の予防です。

 

アフターケア

 1.髪  2.頭皮・・・実は傷んでしまった髪の毛をケアするだけでなく、頭皮のケアが重要。頭皮は髪の毛が生まれる大切な場所。紫外線で頭皮がダメージを受けてしまうと、それ以降健康な髪の毛が伸びて(または生えて)くるのは難しくなります。美髪を取り戻すには傷んだ頭皮のケアも不可欠だということを覚えておきましょう!

1.トリートメントでしっかりヘアケア

 紫外線で傷んでパサパサになってしまった髪の毛には、できるだけ早く栄養分を補ってあげる必要があります。オイルトリートメント等、補修効果の高い製品で集中的にヘアケアするようにしましょう。トリートメント剤は、つけてすぐ流すのではなく、数分おいてから流すとさらに効果的です。
 流さないタイプのトリートメントも今は手に入れやすいので、ご自分の髪にあった商品を見つけてみてください。

2.化粧水で頭皮に水分補給

 紫外線でダメージを受けた頭皮は乾燥しています。シャンプー後、タオルドライ→ドライヤーの後に化粧水で保湿を順番を加えるようにしましょう。いつもお使いの化粧水でいいですが、ジャブジャブと沢山使えるような化粧水がオススメです。是非日々の生活に取り入れてみてください。

 

 次回はホームカラーとサロンカラーの違いについてお送りします。

皆様の笑顔を今以上に!
「福祉理美容士 伊藤ひろし」でした。
お楽しみにしてください!

伊藤 ひろし 氏
日本理美容福祉協会認定 福祉理美容士
ヘアケアマイスター資格保有
ビューティーコーディネーター資格保有

 

 

WEBワライフ「いつまでも健やかな髪とお肌のために 第4回 意外と知らない髪のお手入れ方法!?」

 

«前の記事 介護・健康コラム 次の記事»