訪問介護師に必要な経験や年数


訪問介護師に必要な経験訪問や年数は特別ありません。
新米の訪問介護師はサービス提供責任者やベテランの訪問介護師と一緒に利用者の自宅へ訪問します。最初は簡単な生活援助から行っていくので、いきなり身体介護をしないといけないという不安はありません。そのため働きやすい環境として訪問介護師という仕事があります。

しかし訪問介護師になるためには資格を持っていないといけません。いくら介護といっても、命に携わってくる仕事となってくるので、経験や年数よりも介護の知識が必要となります。そのため最低でも介護職員初任者研修課程といった資格を取得する必要があります。訪問介護師には介護職員初任者研修課程を持っている人以外にも介護福祉士といった国家資格所有者でも訪問介護師になることができます。

訪問介護師は生活援助といった、利用者の自宅へ訪問したときに掃除や洗濯、調理などをするので、料理が苦手な人は前もって料理ができるように練習しておく必要はあります。しかし利用者の自宅へ訪問したときは、自分が作りたい料理を利用者に提供するということはできません。そのため利用者がどのような味が好きか、どのぐらいの固さなら食べれるのかなどといった細かいことも把握しないといけません。そのため判断力や決断力が必要となってきます。

訪問介護師になるためには経験や年数は関係ありませんが、介護の知識にプラスして家事全般ができるようにしておくと訪問介護のサービスがより一層提供できるかと思います。

«前の記事 介護・健康コラム 次の記事»