訪問介護師の求人状況


現在、高齢者社会が進む一方、自分が住んでいる家で過ごしたいという希望を出している高齢者が目立ってきています。しかし家のことを1人でできず、困っている人もいます。
そのため訪問介護師が必要となってきていますが、訪問介護師不足になっています。そのため訪問介護師の求人状況は全国で募集しています。訪問介護師の求人情報のほどんとがパートタイムで、自分の働きたい時間帯を希望することができます。

求人訪問介護師の求人には「身体介護」「家事援助」「重度訪問介護」があります。訪問介護師として、何をしたいかも求人情報でしっかりと確認する必要があります。
求人をしている事業所のほとんどがヘルパーサービスです。ハローワークはもちろん、インターネットなどでも訪問介護師の求人状況を確認することができます。訪問介護師はマイカー通勤OKなところもあります。そのため自分の車で訪問先に行くこともできたり、自転車で訪問先に行ったりなど、移動手段を選ぶこともできます。
訪問介護師はだいたい30分程度で訪問介護を行わないといけないため、訪問介護師を1日に2名必要としている利用者もいます。訪問介護の内容で訪問介護師も変わってしまいます。身体介護をする訪問介護師、家事援助をする訪問介護師と2つにわけて利用している利用者も少なくはありません。

また現在の訪問介護師の中には身体介護ができる人はとても少なくなっています。身体介護はホームヘルパーとしての経験が豊富な人や身体介護経験のある人、介護福祉士の資格がある人が求められます。そのため家事援助の求人よりも身体介護や重度訪問介護の求人が目立っているようです。

«前の記事 介護・健康コラム 次の記事»