訪問介護師の仕事


訪問介護師は「ホームヘルパー」ともいわれています。高齢者など、訪問介護を希望している利用者の自宅を訪問して生活を支援する仕事です。利用者の自宅を訪れて1対1で介護する訪問介護師の仕事の良さは、1人の利用者に集中して介護できることといわれています。これは特別養護老人ホームなど多くの利用者を介護する施設介護との大きな違いであり、介護のすばらしさを実感できる職ともいわれています。

しかし1対1ということで、上司も同僚、同じ介護師がいるわけでもなく、1人で介護を提供するということで不安を感じる訪問介護師も実際のところいます。そのため、いざという時には電話などで上司に指示を仰ぐことはできますが、基本的にはその場でのすばやい判断が必要となってきます。そのため訪問介護師をやったことのない初心者は不安を感じることは多いのですが、現在訪問介護師として働いている人の話を聞くと、それほど困ることはないといわれています。

訪問介護師をやるのがはじめてという人には、サービス提供責任者などの指導者が同行訪問する事業所がほとんどなので、安心して訪問介護師として仕事をすることができます。特にはじめての人には難易度の低い生活援助のサービスからスタートします。生活援助は利用者の自宅へ行って、掃除や洗濯などの家事援助なので、利用者の自宅がどのように家事をやっているのかを見極めて少しずつ生活援助のサービスを慣れていきます。慣れてきたら身体介護のサービスにもチャレンジしてきます。今の事業所はそういった体制の事業所が多いので訪問介護師として仕事をはじめる人にとって安心して働きやすい職になりつつあります。

«前の記事 介護・健康コラム 次の記事»