通所介護サービス(日帰り)とは


通所介護サービスとは、在宅での介護が必要な方にデイサービスセンターで入浴、レクリエーションなどの各種サービスを提供し、高齢者の自立支援と家族の負担を軽減するための介護保険サービスの一つです。

閉じこもりがちな高齢者や要介護者が、様々な人々と交流する事ができるため、介護保険サービスの中でも特に人気の高いサービスです。

サービス内容について

デイサービスセンターによって様々です。例えば、レクリエーションでは手芸や俳句、囲碁、将棋といったものを用意しているところもあれば、運動器具が数多く並んだスポーツジムのような雰囲気を持つセンターもあります。

食事に関しても病院食のようなメニューを出すところから、旬の食材を取り入れたリッチな食事を提供するところ、利用者の好み・体調に合わせた食事を出すところもあります。入浴も大勢で入る大浴場、一人ずつ順番に入るところなど、様々です。

デイサービスセンターによって大きく違ってくるので、利用前に見学に行くことをおすすめします。この時に利用者やスタッフの雰囲気などを見ておくと良いでしょう。

対象者、料金について

通所介護サービスが利用できる人は、要支援1以上または要介護1以上の方が対象となります。

費用の目安としては、要支援1の場合20,990円/月で、自己負担額が2,099円/月、要介護1の場合、利用時間が3時間以上5時間未満で4,610円/回、自己負担額は1回につき461円となります。

この他にも、特別な場合に加算される費用も出てきます。例えば栄養改善を行う場合1,500円/回(自己負担額:150円/回)、若年性認知症のケアで600円/回(自己負担額:60円/回)の料金を必要とします。

通所介護の申し込み方法は、要支援と要介護では手順が異なります。要支援の場合、地域包括支援センターで介護予防ケアプランを作成してもらいます。要介護ではケアマネージャーにケアプランを作成してもらうことで通所介護を利用する事ができます。

«前の記事 探し方ガイド 次の記事»