介護施設選びのチェックポイント


どの介護施設に入居したら良いのでしょうか?

利用者の心身状況において入居施設を選びましょう

いざ自分が介護施設に入居したいと思った時や、介護者が家族を入居させたいと感じた時、何を基準にして何処の施設を選べばよいでしょうか。一度入ったら原則、亡くなるまで入居可能な「介護付有料老人ホーム」や「特別養護老人ホーム」があります。「認知症」や「寝たきり」の人が入居するのは、比較的この二つの施設が有名であり、身近です。介助の必要はほとんど無い「健康型有料老人ホーム」という施設もあります。こちらは建物内に娯楽施設が多くあり、アクティブシニアが利用する施設です。「介護療養型医療施設」では「医療の専門家」が滞在し、「医療器具」も整っています。

費用は非常に大切です

「特別養護老人ホーム」の場合は、「入居金」がありません。一度入居すれば月々の支払い(”食費””光熱費””賃料”等)だけとなります。一方「介護付有料老人ホーム」は「入居金」が発生します。入居金が高い場合、月々の支払額が安くなる施設や、入居金は安いが、月々の支払いが高くなるという施設もあります。同じ有料老人ホームでも支払い料金は異なります。また退去時に、入居金の一部が戻ってくる施設と戻ってこない施設があります。
入居金や月々の支払額を計算して、支払える額であるかどうかをしっかりと把握する必要があります。

見学に行って、サービス内容を確かめましょう

最近では何処の施設でもホームページがあり、施設内で行われるレクリエーションや設備、内観や外観を掲載しています。実際に入居者している人たちを間近で見るのも大切です。他にも介護士が介助を行っているところを実際に見るのも必要です。分からない事や疑問点は、見学の際にどんどん聞きましょう。見栄えの美しさだけで安心してしまい、家族を入居させてしまってから後悔しないように、下調べは入念に行いましょう。知り合いによる評判やインターネットでの口コミ等も参考にしましょう。

«前の記事 探し方ガイド 次の記事»