介護老人保健施設(老健)とは


介護老人保健施設とは、在宅への復帰を目標に機能回復訓練を行う施設です。入所期間は3ヶ月から半年で、長い場合でも1年を超える事はありません。この間に在宅での生活へ戻る事が厳しい場合には、有料老人ホームへ転居するケースも見られます。

入居条件

入居の対象者は、65歳以上の高齢者で要介護1以上の方が原則となっています。施設によっては「長期的な入院を必要としない」「伝染病などの疾患がない」といった条件がある場合もあります。

入居申請は、施設へ直接申し込みます。このときに、主治医の意見書・診断書を元に面談が行われ、介護度や健康状態などを照らし合わせた上で入所判断を行います。

施設設備・活動など

4~6人の相部屋が主流で、近年では個室タイプの施設を増やす動きもありますが、現状では開設が中々進んでいないようです。そのため、認知症患者も積極的に受け入れていますが、入居者への迷惑行為がある場合には、退去措置がとられることもあります。

施設内での活動については、食事や入浴、排泄といった日常生活のサポート、医療ケアによる身体機能の回復を目指しています。自立した生活ができるようにリハビリなどの機能訓練も積極的に行われています。

医療・介護について

健康管理を行う管理栄養士、リハビリ担当の理学療法士、医療ケア担当の看護師など、様々な専門スタッフが支援する形で在宅復帰を目指します。酸素吸入やチューブによる栄養供与など、高度な医療が必要な高齢者の入居も受け付けています。

費用について

老健では、有料老人ホームと違い、入居一時金を必要としていません。月額利用料は家賃、水道光熱費、管理費などで構成され、本人および扶養義務のある家族の世帯収入、課税状況、居室の種類によって変わってきます。

居室に関しては、複数の利用者と部屋を共有する相部屋よりも個室のほうが家賃は高い傾向にあります。また、専門スタッフによるサポートを受けるために、特養と比べると月額利用料は高くなります。

«前の記事 探し方ガイド 次の記事»