軽費老人ホーム(ケアハウス)とは


軽費老人ホームとは、低額または無料で高齢者を入所させ、食事の提供や日常生活で必要な便宜を供与することを目的とした施設です。軽費老人ホームには、A型(食事付き)、B型(食事なし)、C型(ケアハウス)の3種類があります。

A型およびB型は、自立した生活が可能な方が入居対象であるのに対し、C型(ケアハウス)は自立生活が困難であったり、身体障害のある高齢者が入居対象となります。

軽費老人ホームが有料老人ホームと違う部分としては、経済状況や家庭環境といった理由で、家族との同居が困難な方や、身寄りがない方が自治体の助成を受ける形で、比較的定額で入居ができることです。

入居条件について

入所対象者は、60歳以上の単身者、または夫婦どちらかが60歳以上であることに加えて、身寄りがない、または家族との同居が困難である、独立して生活することに不安があるという方が対象になります。

この他にも、共同生活に適応できるか、伝染病などの疾患がないかなどの条件が施設によって決まっています。また、A型とB型に関しては世帯収入が34万円以上である場合は入居できない決まりとなっています。

施設設備・活動など

館内はバリアフリーとなっており、緊急通報装置も基本的に設置されています。ほとんどの施設は個室で、プライバシーを重視した作りとなっているようです。

施設によって異なりますが、サークル活動などのレクリエーションに力を入れている施設もあります。一方で、単に部屋を貸しただけといった雰囲気の施設もあります。

費用・料金

食事サービス付きのA型とC型は、月額利用料は6万円から17万円が一般的です。C型の場合、月額利用料のほかに、入居一時金として数十万円から数百万円を必要とするところもあります。

食事サービスがないB型は3万円から4万円ほどと、低額で利用が可能です。B型でも体調不良などで自炊ができない時に食事サービスを利用する事はできますが、この場合は実費となります。

これらの負担額は、要介護度、介護事業者、家族の世帯収入などで異なるため、施設に問い合わせて確認すると良いでしょう。

«前の記事 探し方ガイド 次の記事»