特別養護老人ホーム(特養)とは


有料老人ホームより低料金で利用出来る施設です。

入居条件はどうなっているのでしょうか?

入居のための費用や入居後に支払う料金も安いため、入居の条件は非常に厳しくなっています。原則では「65歳以上、要介護度が1以上」であり、「感染症をもっていない人」「長期入院の必要性がない人」といったように施設により、基準が違います。又、入居するためには自治体に申請して”入所検討委員会の審査”を受けなければいけません。その審査を通過すると入所できます。審査の結果、「入居する必要性が高い」と判断された人から優先されていきます。

費用が安いと聞いたのですが本当ですか?

他の介護付有料老人ホームなどと比べて非常に安価です。まず入居一時金が一切ありません。これは他の老人ホームが民間なのに対し、こちらは公的なもので、助成金による運営が行われているからです。月々の支払い料金は、本人、扶養義務のある家族の世帯での収入や、大部屋であるか個室であるか、様々な点で異なってきます。目安としては個室は”13万円”大部屋で”8万円”となっています。システムが非常に難解になっていますので、地域の”ケアマネージャー”に相談するのが近道です。

サービスやその他について教えて下さい

医療サービスを行っている介護付有料老人ホームとは違い、医療サービスはありません。「食事、入浴、排泄」など、身の回りの介護に関する事は介護付有料老人ホームと大差ありません。またレクリエーションや、花見などのイベントも積極的に行っています。特養では入居後も月々の支払い料金が安いため応募者が多く、入居の審査を通過しても、直ぐには入れないようになっています。現在では待機者が40万人以上という状況です。これは日本の経済事情が悪化しており、特養への援助が出来ていない事が大きな理由の一つです。その結果、介護付有料老人ホームが増大し、富裕層以外のシニアでも入居出来る施設が増えているのが現状です。

«前の記事 探し方ガイド 次の記事»