養護老人ホームとは


養護老人ホームとは、精神的・身体的な理由や、家庭環境などによって自宅で生活ができない高齢者を受け入れている社会福祉施設です。施設では自立した生活を送れるようになるための必要な訓練などが行われています。

また、生活保護法の元に定められた養護施設であるため、経済面で生活に困っている方を入居の対象としています。

入居の対象者

介護の必要がない自立した65歳以上の高齢者で、生活保護を受給している、低所得といった理由で自宅で生活ができないなどの経済的な理由がある方が入居対象となります。

また、養護老人ホームは介護施設ではないため、要介護1以上の認定を受けている方は入居することができません。

入居の可否については、主治医の意見書、誓約書といった必要書類を基に入居条件を満たす経済状況・生活環境にあるかどうかを地域包括センターなどで構成される入所判定委員会の審査を受けることで、入居できるかを決めます。

施設設備・活動など

施設には大浴場や食堂などが設けられており、高齢者でも不自由しないようにバリアフリー化がなされています。居室は個室となっており、シャワー、トイレ、洗面所、冷蔵庫などが備え付けられていることが多いようです。

日帰り旅行や花火大会といったイベントも年に数回行われ、華道や体操などのサークル・クラブ活動も積極的に行っているところもあるようです。

料金・費用について

入居にかかる料金・費用は、養護老人ホーム入所者費用徴収基準の規定に基づきます。この基準となるのは、扶養義務のある家族および入居者本人の世帯収入、課税状況です。

例えば、入居者の収入年額が52万円で、税金・介護保険料などの控除額が8万円とした場合、520,000-80,000=44万円となるので、養護老人ホーム入所者費用徴収基準10階層の12,500円が月額利用料となります。

経済面において生活に困っている人を対象としているので、月額利用料は10万円を超える事は少なく、有料老人ホームなどと比べて費用負担が少ないのが特徴です。

«前の記事 探し方ガイド 次の記事»