サービス付き高齢者向け住宅の費用


サービス付き高齢者向け住宅に必要な費用には、「入居時の費用」、「月々の費用」、「介護保険料」、「その他の費用」が必要となります。これらの費用の詳細を具体的にまとめました。

入居時に必要な費用

サービス付き高齢者向け住宅は、賃貸借契約となっているところが多く、ほとんどの場合、入居一時金を必要としません。ただし、通常の賃貸契約同様に敷金・礼金が必要になります。

入居時には敷金・礼金の他、「前払い家賃」、「保証金」が必要となる場合があります。一般的な賃貸住宅と同様に敷金・礼金を必要とする施設もある他、前払い家賃は家賃の一部を前払いすることで月々の支払額を抑えることができます。

保証金というのは、月額利用料が支払えなくなった際に、補填として充てられるようになっています。これらの費用は全て自己負担となり、おおよそ30万円ほど必要になるようです。

毎月かかる費用

サービス付き高齢者向け住宅では、月額利用料を支払う必要があります。月額利用料は、家賃、管理費、水道光熱費、雑費、介護費などで構成されています。これらは施設の設備およびサービスによって変わってきますが、大体15万円ほど必要です。

他にも介護保険を利用した各種介護サービスについては、介護度と住んでいる地域によって異なりますが、費用の1割を負担することで利用が可能です。ただし、理美容代、食費の一部といった日常生活費は全額自己負担となっています。

その他の費用

介護用品や日用消耗品、居室清掃、入浴といった介護・生活サービスを規定回数以上利用した場合、追加料金が必要となります。また、介護保険でまかなえない医療費も全額自己負担となるため、注意が必要です。

食費に関しては、利用した分だけを支払う方式を採用しているところが多く、この場合は月額利用料とは別に支払います。

通院の付き添いを行っている施設では、時間あたりのサービス費として算出している施設もあります。施設ごとに一部のサービスでこうした費用がかかる場合があるため、入居前にしっかりチェックを行いましょう。

探し方ガイド 次の記事»