介護老人保健施設の費用


介護老人保健施設では、有料老人ホームで必要になる入居一時金は必要ありません。家賃、水道光熱費、管理費といった月額利用料や、日常生活に必要な雑費が必要になります。

月額利用料について

月額利用料は、居住費、食費、その他費用およびサービス費などで構成されます。本人および家族の世帯収入、課税状況だけでなく、相部屋か個室かによっても異なります。基本的には相部屋よりも個室のほうが高い傾向にあります。以下に要介護度別の料金を表にまとめました。

介護老人保健施設の月額利用料合計の目安

多床室 従来型個室 ユニット型個室
要介護1 74,580円(23,580円) 97,200円(21,300円) 124,170円(23,670円)
要介護2 76,020円(25,020円) 98,610円(22,710円) 125,580円(25,080円)
要介護3 77,910円(26,910円) 100,500円(24,600円) 127,500円(27,000円)
要介護4 79,500円(28,500円) 102,060円(26,160円) 129,090円(28,590円)
要介護5 81,090円(30,090円) 103,650円(27,750円) 130,680円(30,180円)

※()内は介護保険1割負担額

月額利用料は、要介護度が高いほど高額になります。また、施設のサービスや設備、職員の体制などによって「口腔機能維持管理加算」、「療養食加算」などの介護サービス加算が発生し、その場合にも1割自己負担となります。

本人および世帯全員が生活保護の対象だったり、年収が少ない場合などは、居住費や食費は低く設定されます。介護サービス費も補助金が自治体から支給されます。このような場合もあるので、一度施設やケアマネージャーに相談すると良いでしょう。

その他費用について

介護用品・日用消耗品などの費用がかかる場合があります。この他にも一部の介護・生活サービスを利用する事で追加料金が必要となる事もあります。施設によって異なるため、一度問い合わせてみるのも良いでしょう。

«前の記事 探し方ガイド 次の記事»