特別養護老人ホームの費用


特別養護老人ホームは公的機関で利用料が安いです

費用が安い理由はなぜなのでしょうか

入居金は一切必要ありません。また月々の支払額も安めに設定されています。その一番の理由は自治体等の公的機関から援助が出されているからです。また本人や世帯の収入が少なければ少ない程、利用料金も安くなります。ですが、他の施設と同じで「要介護度」が高いほど月々の支払い額が高くなります。

費用が安いと逆に大丈夫かどうか心配です

費用が安いから他の介護付有料老人ホームに比べてサービスが良くないのかというと、そんな事はありません。基本的に他の老人ホームと比べても特に遜色はありません。特に特養に入居するには民間の老人ホームより難しいのです。それならば特養への入居が一番だと考える人が多く、厳しい審査を通り抜けても、「2年待ち」や「3年待ち」となっているのが現状です。

月々の支払額はどうなっていますか?

本人や世帯の収入の他、要介護度によっても変わってきます。また個室を希望すると大部屋に比べ値段は跳ね上がります。また最近は民間の有料老人ホームでも入居金や月々の支払額を安く設定している施設も増えてきました。以下は特養でかかる費用の大体の目安です。

相部屋

内訳 月額利用料金
食費 42,000円
賃料 10,000円
介護保険
1割負担額
要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
19,000円 21,000円 23,000円 25,000円 27,000円
合計金額 71,000円 73,000円 75,000円 77,000円 79,000円

個室

内訳 月額利用料金
食費 41,000円
賃料 34,000円
介護保険
1割負担額
要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
17,000円 19,000円 21,000円 23,000円 25,000円
合計金額 92,000円 94,000円 96,000円 98,000円 100,000円

あくまで目安ですがこれぐらいの料金となります。相部屋と比べて月々の合計支払い金額が、約”2万円”高くなる計算となります。

«前の記事 探し方ガイド 次の記事»