有料老人ホームの費用


有料老人ホームでかかる費用について

よく聞く「入居金」とは何ですか?

基本的に「老人ホーム」と名前が付く所は「入居一時金」というものが必要となります。これは施設に入る際に支払うものです。終身型の老人ホームでは入居者が亡くなったり、退去した際に一定額が返金されます。しかし、施設によってはシステムが異なる場合もありますので、入居の際は事前に確認しておきましょう。入居金は「0円から1億円」と幅広い設定があります。もし、入居の際に1億円かかり、やはり退去するとなった際、判を押した「契約書」に、「入居金の返金無し」と記載されていれば基本的にはお金は戻ってきません。民法では「錯誤」などで契約無効となる場合もあります。しかし、入居の際は本人より代理人である「家族」が契約をする事が大多数ですので、「勘違いだった」では済まされないでしょう。

一ヶ月に支払う金額の内訳はどうなっていますか?

有料老人ホームのタイプや、「要支援」「要介護」の度合いによっても支払額は異なってきます。月額利用料金は「光熱費、生活介助、家賃」が含まれます。一例として介護付き有料老人ホームの大体の目安はこれぐらいです。

月額利用料金 食費 介護保険自己負担額 入居金
13万円 6万円 1万6千円 500万円

これを一年間で計算しますと
13×12=156 6×12=72 1.6×12=19.2 500
合計が約742万円となります。入居金を差し引いても年間242万円かかる計算となります。
その他のイベントやサークル活動費は含まれていません。

退去時の入居金の返還率はどの様になりますか?

施設によって計算方法は様々です。「初期償却金」が発生する場合の計算方法の一例です。

施設名 入居一時金 入居期間 初期償却金 償却期間
有料老人ホーム 1 1200万円 2年(24ヶ月) 30% 5年
有料老人ホーム 2 1200万円 2年(24ヶ月) 10% 10年

計算方法 (入居金-初期償金)÷償却期間×(償却期間-入居期間)

有料老人ホーム 1=(12,000,000-3,600,000)÷60×(60-24)=5,040,000
有料老人ホーム 2=(12,000,000-1,200,000)÷120×(120-24)=8,640,000

有料老人ホーム1は約「504万円」有料老人ホーム2は約「864万円」返還される仕組みとなります。

«前の記事 探し方ガイド 次の記事»