医療

ターミナルケア-(終末期看護)を考える

人生の最後を迎える時 人には平等に死というものが誰にも訪れます。住み慣れた自宅で御家族様に看取られてゆったりと穏やかな気持ちで最期を迎えたいと思う反面。病気、家庭の理由等により、施設でスタッフに詳細を見る>>

在宅医療を考える

治療終了後、安定期になり退院し自宅へ戻ってこられますが、四肢麻痺や失語症、認知症の悪化などの障害が残ることが多くみられます。自宅では介護、看護の知識不測、家族の仕事関係、老々介護などの理由により十分な詳細を見る>>

糖尿病と骨の関係を知ろう

医療法人秀麗会山尾病院 看護・介護部長 糖尿病看護認定看護師 日本糖尿病療養指導士 兵頭 裕美 氏    みなさんは「骨粗しょう症」という病気について、ご存知でしょうか?詳細を見る>>