西三河地域

風頭山(愛知県 岡崎市)

「概要」 風頭山は標高597メートル、岡崎市の旧額田町の東部、本宮山や闇苅渓谷の西に位置しています。国土地理院の地形図には風頭山の山名がないほど目立たない山ですが、ピラミダルな山容は美しく、周辺では詳細を見る>>

焙烙山(愛知県 豊田市)

「概要」 焙烙山は標高683メートル、六所山と北東方面に対峙しており豊田市坂上町に位置しています。焙烙山の山頂にある21世紀の城は地元の中学生が石を一つずつ下から持って上がったといわれています。 詳細を見る>>

村積山(愛知県 岡崎市)

「概要」 村積山は標高256.9メートル、岡崎市の北東の岡崎市奥山田町に位置しています。村積山は山の姿が富士山に似ていることから三河富士と呼ばれました。 また花園山とも呼ばれ、いくつかの伝説を詳細を見る>>

十明山(愛知県 豊田市)

「概要」 十明山は焙烙山の東北、豊田市四ツ松町に位置しています。山頂には十明神社の奥宮が祀られています。十明神社にはたくさんの奉納のぼり旗が立っています。 毎年祭礼が行われるというこの境内は展詳細を見る>>

三ヶ根山(愛知県 西尾市)

「概要」 三ヶ根山は愛知県西尾市にある山です。三ヶ根山ならでは味わうことができる三河湾の海や島を眺めるには絶好の山といわれています。 三ヶ根山聞くと三ヶ根スカイラインを思い浮かぶ人もいるか詳細を見る>>

飯盛山(愛知県 豊田市)

「概要」 飯盛山は標高254メートル、愛知県豊田市足助町にある山です。香嵐渓の中心にそびえる飯盛山は、カタクリの群生地としても知られています。5000平方メートルという広さに群生するカタクリをみ詳細を見る>>

西尾茶臼山(愛知県 西尾市)

「概要」 西尾茶臼山に上るコースはいくつもあり、変化に富んでいるため何度登山をしても飽きることがないことが西尾茶臼山の特徴です。毎回新しい発見があるので、大人のアドベンチャーランドといった趣がありま詳細を見る>>

蚕霊山(愛知県 豊田市)

「概要」 蚕霊山は標高434.2メートル、「和紙のふるさと」で知られる小原町の南東の豊田市日面町にあります。大正以前には蚕霊山山頂に御嶽教会があったともいわれています。 蚕霊山という山名がつい詳細を見る>>

桑谷山(愛知県 岡崎市)

「概要」 桑谷山は標高436メートル、往復約4キロメートル、登山時間も約1時間45分というお手軽な山ということで登山者からゆっくり登山することができる山として知られています。 桑谷山には路傍二詳細を見る>>