大森山(愛知県 新城市)


「大森山のお勧めポイント」

愛知県新城市にある大森山の標高は514mの山でハイキングや日帰りで楽しめる登山です。
途中で見える景色はほぼなく、特に登山ポイントというポイントがない山でただ只管登るだの山なので、ちゃんとした道があるわけでもなく入り口には登山口と書かれた看板があるぐらいで、そこをちょっといった先に崩れた石段があるため足場はそこまで良いとはいえませんが、初心者やハイキング程度なら楽しめる山です。

そのため、道も平らで坂道という坂はなく山らしさがあまり見えなくて、登った先で見える林の中から差し込んでくる日差しがとても癒されるようで登ってる途中にもカエル石という石があったりするらしく当然、自然や花も見れる点が楽しみの一つです。
山頂に行けば、目の前には大きな山と転々とした民衆とその畑みたいなのが目の前に広がり、登るのも下りるのも浅いため、休憩挟んで大体1時間5分で登山ができます。

「大森山の難所」

この山の難所はやはり、行っても観光客や人が少なくまた泊まれる所もあまりないという点と、非常に足場が悪いという事です。
直ぐに登れて楽しめるという事はありますが、石段は途中で崩れかけていてとても危なく、登山中に迷いそうな所には木にテーピングしてあるのですが、それも取れかかっていて迷いそうという所があります。
そして、その途中には炭焼窯跡のくぼみがあるようで、六自体がほぼ埋まってるようです。
そういった事も踏まえ雨の日などにも足場は気をつけた方が良いです。

「大森山までのアクセス方法」

大森山まで行くにはバイクか車しかないです。後は新城市まで電車で行ってそこからタクシーなどを利用するしか方法はなくまず、車またはバイクで東名高速道路を豊川ICで降りたら長篠交差点のところを右に曲がったら、国道275を下りると道の駅「鳳来三河三石」が見えるのでそこで車を止めて後は歩いていけばつきます。
道の駅などでも生き方を聞いたりして歩いていくといいです。

「大森山周辺の宿泊情報」

大森山付近は特にこれといったものはないですが、その大森山の駅周辺にはアパホテル、千代田公園という場所があります。そこには春や紅葉の時期になると季節独特の物が楽しめる公園となっており登山からは距離ありますが、ホテルという事でとても快適なため人気で、じゃらんや楽天トラベルでもあげられるほどで、フロントも綺麗で朝食バイキングつきで、夜も和食か洋食か選べ一人当たり4万円代で宿泊が可能です。

そしてバリアフリーになっているため、とても快適で朝のバイキングなんかもその季節によって楽しめたり、またドリンクはアルコールも飲めると評判です。ですので、家族や子供連れで登山などしたあとこのホテルに泊まるのもあるなようで登山の帰り途中に立ち寄れる温泉もあるようで登山客等はそこでお風呂を浴びてから帰る人が多いです。

大森山(愛知県 新城市)周辺マップ

大森山(愛知県 新城市)

一つ前のページへ戻る の登山スポット一覧