転職・求人

訪問介護師をとりまく現状

高齢化社会が進行して、高齢者が高齢者を介護する「老老介護」という在宅介護の現状が問題視されています。老老介護を行うと、介護されている人よりも介護している側のほうに大きく負担がかかってしまいます。そのた詳細を見る>>

訪問介護師とホームヘルパーの違い

訪問介護師とホームヘルパーの違いですが、実はどちらも同じことを表しています。 平成12年に介護保険制度が創設されて「介護」が一般にも広く受け容れられるようになり、一般的になりました。それに伴い、訪問詳細を見る>>

訪問介護師に向き不向きな性格

いくら訪問介護師が必要だからといっても、訪問介護師に向き不向きな性格があります。 訪問介護師は、利用者の自宅へ訪問する際は1人なので、逃げ場がありません。施設などでは困った場合や分からない時には他の詳細を見る>>

訪問介護師が増えない理由と課題

訪問介護師が増えない理由として、介護職員に対し低賃金・劣悪な労働条件におかれてしまうため、訪問介護師の仕事をやめてしまうケースが目立っています。しかし訪問介護師が増えないことから介護報酬の引き上げを要詳細を見る>>

訪問介護師の全国的な人数

訪問介護師の全国的な人数は約20万人です。これは常勤ヘルパーの人数であり、非常勤ヘルパーの人数ではありません。非常勤ヘルパーの人数を加算するのであれば、約50万人ほどといえるかもしれませんが、訪問介護詳細を見る>>

訪問介護師は体力が必要

訪問介護師には体力が必要となってきます。特に身体介護の場合はベッドから車椅子に移動する際、全介助の人は全体重をかけてきます。そのためその体を支える力が必要となってきます。体力のない人はベッドから車椅子詳細を見る>>

訪問介護師を必要とする需要の有無

在宅での介護を必要としている人などには介護保険サービスを使い、訪問介護師を利用している人も多いのではないでしょうか。 訪問介護師とは高齢者や障害度の高い人たちに対し、身体の自由が利かないため1人では詳細を見る>>

訪問看護師に必要な心構え

訪問看護師の訪問の際には医師がいないことがほとんどです。しかし医師の指示のもとで医療行為を行わなければなりません。実際の現場は緊急の判断が必要な場合もあります。そのため、限られた資源で患者の状態に対応詳細を見る>>

訪問看護師が行う夜勤とは

訪問看護師は基本的には日勤のみですが、最近では夜間や休日の緊急時に対応する電話当番を設けていることがあります。そう考えると病棟勤務の夜勤同じと思いがちですが、わざわざ訪問看護ステーションに出向いて待機詳細を見る>>

訪問看護師が抱えている悩み

訪問看護師でもいろいろな悩みを抱えています。最初から訪問看護師として働いている人は別になりますが、病院やクリニック勤務から転職してきた新しい訪問看護師は「なかなか仕事に慣れない」という悩みを持つ訪問看詳細を見る>>