地域の健康増進の お手伝い


1

健康・美容に関する悩みを解決

 健康や美容に関して、悩みや希望をお持ちではありませんか?
 「長生きするなら健康なまま長生きしたい。」「食事を楽しみながら体重を落したい。」「自分に合った化粧品を知りたい。」など、「健康で長生きしたい」「ずっとキレイでいたい」という自然な思いから、色々な悩みや要望が出てくるかと思います。
 そんな悩みや要望をお応えするためにスギ薬局では様々な取り組みを実施しております。

2

相談会で健康状態チェック

 スギ薬局 城北店や谷口店では、「健康増進クラブ」という名前で定期的に健康相談会を実施しております。
 この相談会では、いくつかの測定器を使用して、体脂肪率や筋肉量、骨密度などを測定しております。
 そして、この測定結果とその方の生活習慣などの聞き取り結果を基にその方に合った食事や運動などのアドバイスをさせていただいております。

3

 その際にお渡ししている健康チェックカードを活用していただくと、ご自身の変化が目に見える形になりますので、やる気も上がり、三日坊主になりがちな方も継続しやすくなっております。
 このカードを活用して、定期的に測定に来られた方は、総じて体重減少などの結果が出ており、今後も一人一人に合ったアドバイスを心がけ、結果を出し続けていきたいと考えております。

4

身近な相談相手として、専門家にいつでも相談出来る体制

 店舗には薬剤師、美容アドバイザー、管理栄養士などの専門スタッフが在籍しており、それぞれの専門性を生かしてお客様の美と健康をトータルにサポートしております。
 自身の気になっていることを相談頂ければ、専門知識に基づいたアドバイスをさせていただきますので、日頃の買い物のついでに店頭の従業員に一声おかけください。

お薬の管理を簡単に

 スギ薬局に常駐している薬剤師の大切な仕事の一つに、患者様が安全にお薬を飲めるようにサポートすることが挙げられます。

①たくさん余っていて、どれを飲んだらいいか分からない
②服用する薬が多くて飲み忘れがある。
③飲み込みが悪くて錠剤やカプセルが飲みにくい

 などお薬の管理で悩まれている方も多数いらっしゃるかと思いますが、薬剤師がお手伝いしお薬を管理することができます。
5

お薬管理の例 お薬カレンダー

 お薬の種類がたくさんあってどれをいつ飲んでよいかわからなくなる方に対し「お薬カレンダー」を利用したお薬管理を提案しています。服用するタイミングごとにひとまとめ(一包化)にし、お薬カレンダーの〈朝食後〉〈昼食後〉〈夕食後〉〈寝る前〉のポケットにセットするため、飲み間違いもなくなり、さらに飲み忘れも一目で判断することができます。ただ、お薬カレンダーはお薬管理の一つの例であり、ご家族、介護者のご相談に応じて、なるべく患者様の自立性を損なわないよう、最善の方法を一緒に考えさせていただきます。

6

介護施設への在宅訪問

 スギ薬局では、介護施設に患者様のお薬をお届けしております。施設のスタッフの方が間違いなく患者様にお薬が提供できるように、一包化薬に患者様の氏名や用法を印字し、点眼薬やシップ薬などの外用薬には、患者様の名前シールを貼るなどの工夫をしています。

7

大人用おむつや日用品もお届けします

 スギ薬局では、さまざまな商品を取り扱っているので、お薬の配達の際に、大人用おむつや、ガーゼ、介護食、ティッシュペーパー、洗剤といった、生活必需品を併せてお届けすることができます。ご自宅で介護を受けている方は外出することが難しいため、このサービスは非常に喜ばれております。

地域の「顔」を目指します

 現在80%以上の人が病院や施設で亡くなられていますが、国民の60%以上が病院よりも住み慣れた「自宅」で家族と共に過ごし、人生の最期を迎えることを望んでいるといわれています。しかし、それを実現するためには、介護が必要になっても住み慣れた地域でその人らしい自立した生活を送ることができるよう、地域の医療や介護を地域全体で考え、充実させていく必要があります。スギ薬局では、地域の方の医療や介護のニーズを知るために薬剤師会や事業所のケアマネージャー、看護師とのお話しも大事にしています。そしてお薬の管理を通して地域に貢献していきたいと考えております。もし身近でお薬についてお困りの方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。

«前の記事 介護・健康コラム 次の記事»