サービス付き高齢者向け住宅とは


サービス付き高齢者向き住宅とは、「高齢者住まい法」によって創設された、高齢者を支えるためのサービスを提供する住宅です。

日常生活や介護に不安を感じている高齢者が、住み慣れた地域で生活できるように、居室の設備や、バリアフリーなどが考慮されており、介護福祉士やヘルパーによる安否確認や生活相談サービスの提供により、高齢者が安心して生活ができる環境が整えられています。

対象者について

サービス付き高齢者向け住宅の対象となる方は、60歳以上の高齢者または要介護・要支援認定を受けた方が対象となります。同居者は、同条件の親族、配偶者など特別な理由により同居する必要があると登録主体が認めた人が入居することができます。

設備・サービスなど

車椅子でも移動しやすく、床に段差が無く、所々に手すりが設けられているバリアフリー化がなされた住宅が一般的です。居室には浴室、洗面台、水洗トイレ、台所などが備えられています。他にも居室の床面積は原則として25㎡という決まりもあります。

サービスについては、ケアの専門家が日中常駐しており、生活相談サービスと安否確認を全ての利用者に提供します。常駐していない間は、居室に必要に応じて使う通報装置を設置して、状況把握サービスを提供しています。

有料老人ホームと同様に、施設内ではレクリエーションやサークル活動、旅行などといったイベントも行われており、健康的な老後を過ごすための様々な催しを行っている施設もあります。

費用について

賃貸借契約方式となっていることが多く、有料老人ホームと違い入居一時金は必要ない場合がほとんどです。ただし、通常の賃貸契約と同じ様に敷金・礼金が必要となります。入居後も月額利用料を支払うことになります。

介護保険料やその他の費用については、有料老人ホームと同様に必要となります。

詳細な入居費用の目安としては、敷金・礼金で30万円、月額利用料が15万円、介護保険の1割自己負担額が2.1万円(要介護3の場合)、その他の費用で1万円ほどかかります。

«前の記事 探し方ガイド 次の記事»